株式会社ラルフコーポレーション|暮らしのリノベーションカンパニー 水素水・遠赤外線床暖房のことなら

太陽光

住宅用の太陽光発電システムは、太陽光発電モジュール「太陽光パネル」でつくった電気(直流電力)を、パワーコンディショナーを通して家庭内で使える電気に変換するシステムです。
太陽光だけを利用して発電するため、石油や石炭などの化石燃料を使用しませんのでCO₂を発生させないクリーンなエネルギーです。
作った電気をご家庭のさまざまな家電製品に使うことで、電気料金を減らすことができます。
さらにオール電化とあわせて導入することで、より効率的に電気を無駄なく活用できるようになり、光熱費を大幅に節約できる大きなメリットがあります。

太陽光発電のしくみ

屋根に設置された太陽電池モジュールに太陽光が当たると発電します。
この電気は直流の為、家庭で使用できる交流にパワーコンディショナを使って変換します。
パワーコンディショナから家庭の分電盤に接続するとことで、家庭内のさまざまな家電製品に電気を供給したり、自動的に電気を買ったり、余った電気を売ったりできるというしくみです。

売電・買電について

昼間に発電した電気は家庭で利用し、余った電気は電力会社が買い取ってくれます。
また、夜間など発電できない時は必要分のみを電力会社から購入し、それを自動的に使い分けることができます。

太陽光発電によるコスト削減のイメージ

太陽光発電の導入前と導入後で同じように電気を使うとしたら、それまでは使う電力のすべてを電力会社から購入していたのに対し、太陽光発電を導入すると昼間は太陽光で発電し供給することで、消費電力量がぐっと減らせます。
同時に、発電して余った電気を電力会社へ売却することができることで、光熱費を大幅に節約できるようになります。

蓄電池システム

家庭用蓄電システムとは、大容量の蓄電池を使って、一般のご家庭で使用する電気を蓄えておく装置です。
これまでも工場や商業施設などでは、業務用・産業用として蓄電システムが多数導入されてきましたが、高価でサイズも大型なものがほとんどでした。
近年、リチウムイオン電池の技術が進化してきたことにより、小型化、低価格化が進み、一般住宅でも使用可能な性能、大きさの商品が実用化されてきています。
家庭用蓄電池は災害時のバックアップ電源はもちろんのこと、今や住まいのゼロエネルギー化を推し進めるための重要な電源装置としても認知がすすんできています。

当社施工事例はこちら

(家庭用蓄電池システムの役割)
災害などで停電になった時に電気を供給する。
もしもの停電時や、計画停電に備えて、大容量の蓄電システムからご家庭に、必要な電力をバックアップします。
蓄電システムからの電力供給は、普段からお使いの非常時兼用コンセントに切り換えるので、突然の停電でもコンセントの差替えなどは不要です。

お問い合わせはこちら TEL 0120-98-3433 受付時間 10:00 - 17:00

PAGETOP
Copyright © Ralph Co.,Ltd. All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.